活用されるソフト|コンタクトに合わせた在庫管理|管理しっかりして安心ビジネス

コンタクトに合わせた在庫管理|管理しっかりして安心ビジネス

女の人

活用されるソフト

ウーマン

市場は安定して維持か拡大

今や会社の業務にITが入っていない会社は少ないと思います。各自にパソコンが支給され、いかなる業務においてもITを利用する機会は多いはずです。特に事務処理を行う部署では、コンプライアンス、業務処理統制、セキュリティといった便利さとは相反する目的で、業務をIT化する動きが加速しています。そのような状況の中、業務処理を可視化・効率化するためのシステムとしてワークフローシステムの導入が検討されることも多くなっています。 しかし、ワークフローシステムは決して新しいシステムではないため、既に導入済みの企業も多いのですが、独自システムとして構築されていたり、モバイルシステムに対応していないなど、最近のトレンドに適さないシステムとなっていることも多く、Web化・モバイル化に対応するため、ワークフローシステムの刷新に取り組む会社も多くなっており、スマートフォンやタブレットといった新しいデバイスの普及により、それらに対応したワークフローシステムの導入は拡大していくと思われます。

ワークフローの前に業務フロー

ワークフローシステムを導入すると、事務業務は効率化され、間接コストが削減されると考えたくなりますが、それには大きな落とし穴があることに注意すべきでしょう。 まず、ワークフローシステムはあくまでも業務フローをシステム化したものであるため、業務フローがまともに整備されていない会社で、いきなりワークフローシステムを導入しようとすると大変なことになります。人事や経理といった事務部門と業務フローをしっかりと整備した上でシステム化に取り組むべきでしょう。 もうひとつは、ワークフローシステムの先に本当のシステムがあるということです。ワークフローはあくまで処理途中の過程の制御です。最終的にはどこかに保管されたり、活用されるために連携されて初めて有効なものになるのです。